奈良観光案内

奈良観光案内

  •  
  •  
  •  
 

天理市

天理市は、奈良県の北部にある市の一つであり、人口は7万人弱の小さな地方都市です。
全国的に有名な観光スポットや神社仏閣があるわけではなく、やもすると大阪のベッドタウンとしての知名度の方が高いかもしれませんが、この街にはぜひ見ておきたい光景が随所にあります。

そもそも、天理市という地名は天理教という宗教の本部がこの地にあることから名づけられた市名であり、団体名が市名になった例は他にトヨタ自動車の豊田市しかありません。
そう、この天理教に関する施設がこの街の最大の特徴であり見どころでもあります。

天理教本部ですが、とにかくデカいです。敷地にしても建造物にしてもすべてがデカいというのが第一印象です。
神殿は東西南北それぞれにあり、熱心な信者の方たちがおつとめをしている光景を見ることができます。ここは天理教の信者だけではなく、信者以外の人も入れるようなので、一度は見ておいて損はないと思います。

また、本部の周囲の集合住宅、そして市内各所にある病院や高校などの天理教関連の施設は、すべて宗教的な外観で統一されており、遠くからでも一目でわかるようになっております。そして市役所庁舎ですら、外観こそ多少異なれどそこかしこに宗教的外観を醸し出していることに驚きです。

このような宗教都市としての見事な統一感は、他の都市に住んでいる人間からすれば驚愕に値するといっても過言ではなく
普通に街歩きをするだけでもその独自性を感じ取ることができるでしょう。

 

Copyright 奈良観光案内 All Rights Reserved.